0561-76-4711

〒470-0207 愛知県みよし市福谷町壱丁田19-1

矯正専門在籍

みよし・豊田・東郷・日進で歯科をお探しの方はおだファミリー歯科クリニックまで

咬合育成

おだファミリー歯科クリニック 託児日記 おだファミリー歯科クリニック ドクターブログ おだファミリー歯科クリニック クリニックスタッフブログ

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

おだファミリー歯科クリニック
Facebookページ
おだファミリー歯科クリニック Facebookバナー

0歳からの咬合育成

お口の中の環境作りは生まれたときから始まっています。

歯並びとひとことで言いましても、状態は千差万別です。
歯並びは遺伝すると言われていますが、0歳からお口の中を育成していこうという考え方が、咬合育成の考え方です。
お子様の寝るときの姿勢、授乳のときの乳首の位置、哺乳瓶の乳首の形態など、お口の中の舌の使い方が、その後の食事をしていく機能に大きく影響してきます。

 

咬合育成とは?

文字通り、良い噛み合わせが得られるように、お子様が生まれたその日から生活の中によい咬合関係が得られる習慣を取り入れ、その誘導をしていくことを言います。当院ではそのために、保護者の方にお子様の成長が良い方向に向かうようお手伝いをさせて頂いております。お子様が生まれたその日から良い歯並びが得られるように、矯正専門医がサポートして参ります。
正しい咬合育成とむし歯を作らない正しい食習慣・歯みがき習慣を得るため、歯科医・歯科衛生士と保護者の方が二人三脚で取り組んで参りましょう。
当院が開催しております  “歯医者さんの母親教室”  でも詳しく話をさせて頂いております。ぜひそちらもご参加下さい。 → 詳しくは院内イベントのご案内をご覧ください。

舌や唇のトレーニング(MFT)

舌癖・口唇癖とは

歯はお口の中で、内側からは舌、外側からは頬やくちびるに囲まれています。舌と頬・くちびるから力がかかり、それぞれのバランスのよい場所に歯が生えています。

日常生活の中で、本を読んだりテレビを見ているときに、口が開いたままで舌が出ていたり、飲み込むときに舌が出てしまうことがあります。これを舌癖(ぜつへき)といいます。
舌癖のある人は、いつも舌が口の中で低い位置や前方にあり、歯を押し出そうとします。また、飲み込むときはさらに強く歯を押します。

人は1日600回から1500回ほど無意識に飲み込む動作をしていると言われています。舌癖のある人は、飲み込むたびに舌で歯を押していることになります。

上くちびるや下くちびるを上下の前歯の間に巻き込んで噛んだりする癖を口唇癖(こうしんへき)といいます。歯にかかる力は一見小さいように感じますが、この癖により持続的に歯に力が加わることで歯は正常な位置からずれてしまうのです。

そのため、出っ歯になったり、前歯に間にすき間が開いたり、上下の前歯が噛み合わないなどの歯並びの異常が起こります。また、発音がうまくできず、サ行やラ行などが舌足らずな発音になります。

また指しゃぶり頬杖も歯列を変形させる一因です。

このように、口の周りの様々なクセ(悪習癖)は歯並びや発音に大きな影響を及ぼします。

舌癖の原因

⒈口呼吸をしてしまう
鼻がつまる病気(花粉症など)や、のどの奥の扁桃腺肥大が原因の場合もあります。
⒉舌の裏のスジが短い
舌小体が短いため、舌が上がらない
⒊指しゃぶり
上下の前歯にすき間ができて舌が出やすくなる
⒋遺伝的要因
骨格や歯並びは遺伝しやすく、舌癖が出やすいタイプがある

トレーニング(MFT)の内容

  • ⒈舌の筋肉の力を強くする。
  • ⒉くちびるや頬、口のまわりの筋肉に力をつける。
  • ⒊正しい飲み込み方を覚える。
  • ⒋正しい舌の位置、くちびるの状態を保ち、普段の生活の中で正しい飲み込み方が無意識にできるようにする。

以上のことを目的としてトレーニングを進めていきます。

患者様の症状に合わせて、舌のトレーニング または くちびるのトレーニング を行います。

指しゃぶりに関しては、指しゃぶりを行う時間や環境などの話を伺い、治療の必要があれば専用の装置にて改善を図ります。心配事がございましたら、お気軽にご相談下さい。

トレーニング(MFT)と並行して

舌癖や口唇癖にある方は、歯並びに異常がある方が多く、矯正歯科治療を受けられるほとんどの方が並行してトレーニングを行って頂きます。矯正治療終了後に歯並びが後戻りしないためにも、MFTの継続と舌の状態の確認は欠かせません。
また、舌小帯が短い方は小帯を延ばす簡単な手術も検討する事があります。
舌が全然上がらないほど小帯が短い方は早期に処置が必要な場合があります。

トレーニングを行うお子様の保護者の方へ

舌は筋肉のかたまりです。また、ほっぺやくちびるも筋肉です。
長い年月舌癖が続いていると、その癖を正しい方向に持っていくのには時間がかかります。根気よく続けていくことが大切です。たまにいやになったり飽きてしまうお子さんが見えますが、そこは無理にやらせなくても結構ですから、できる範囲で長い目でトレーニングを見守ってあげて下さい。

PAGE TOP